テレビ会議のエイネット株式会社のスタッフ モスケのプログです


by mosuke-anet
2011年5月11日(水)から東京ビッグサイトで開催される『オフィス総合展2011』に出展いたします!


今回のキーワードは、ズバリ

  『夏の計画停電に備える“在宅勤務”』

です!!


在宅勤務に関する、ソリューションをご紹介します。
例えば、

・ 社内へかかってきた電話を自宅PC上のソフトフォンへ転送した電話応対
・ Web会議を使った社内ミーティング
・ VPNの構築により社内ファイルサーバへのアクセスを可能に
・ カメラを通じた社員の勤務状況確認

また、近日発売予定の新製品『FreshVoice HYBRID』もご覧いただけます!


我々が出展するのは、「オフィスEXPO」の“遠隔会議システムゾーン”ですが、
同じビッグサイト内では、「オフィス防災EXPO」「オフィスエコEXPO」
同時開催しています。


いろいろなことがあり、今後のことをいろいろと考えたいこの時期、
ぜひとも見ておきたいソリューション満載の展示会だと思います。
ぜひご来場ください! お待ちいたしております!!




- 会場内案内図 -
http://www.osec.jp/RXJP/RXJP_OSEC/documents/2011/OSE11_MAP_0425.pdf
(小間番号:西17-53)
[PR]
# by mosuke-anet | 2011-05-10 12:04



お嬢さんのいるおうちでは、きっとお祝いしたんでしょうね? 雛祭り。


実家にいた頃は、母が毎年飾ってくれたものでしたが、

孫も、男の子なので、あのお雛様はもう何年もしまわれたままです。


昨日の夜は、居酒屋でかるくいっぱいやっていたのですが、

あさりの酒蒸しで、蛤のお吸い物のかわりといたしやした。^^;



雛祭りの蛤というと、泉鏡花の「日本橋」を思い出す。


雛祭りで供えた蛤を一石橋から、川へ放してやった葛木が、

何か物騒なものを川に捨てたのではないかと不審に思った巡査に

職務質問されて困っているところを、通りがかった芸者の「お孝」が

助け舟を出してやる。


「お孝」を玉三郎が、「葛木」を孝夫(現在の仁左衛門)が演じた、

新派の舞台(TV中継だけど)で見たのでした。

玉三郎の「お孝」、よかったなー。


  「春で、朧で、ご縁日」 

こんなせりふをいつか言ってみたいものだなぁ、と思っていたっけ。
[PR]
# by mosuke-anet | 2011-03-04 19:41

iphone対応てぶくろ



春の兆しも見えようかという この時期になって 買っちゃいました

手袋


だって、amazonで30%offのレコメンドが来ちゃったんですー

しかも、この冬バーゲンで買った手袋に穴がいてしまったとこだし

しかもしかも、iphone対応なのだー

e0200453_17531049.jpg



この、親指と人差し指のブルーの部分がiphone対応になっている
e0200453_17542429.jpg



たしかに、ブルーじゃない指には、全く反応しません。

夜はまだまだ冷え込みます。 きっと活躍してくれるでしょう!
[PR]
# by mosuke-anet | 2011-02-22 18:00

ホワイトバレンタイン?



こっちは雪いっぱい降ってるよー


の、メールに「わわ、電車止まらないうちに帰ろうー」と

会社を出たものの、「あ!今日はバレンタインデーではないか!」と

思い出し、東京駅のグランスタに。


あまり甘いお菓子などを好んで食べないので、チョコはやめとき

酒屋に寄って、四合ビンの日本酒を買う。


グランスタには、青山フラワーマーケットがあり、会社帰りに重宝している。

ちょこっとのぞくと、レジには結構な列ができていて、しかも男性!

ま、いままでもプレゼント用に花を買う殿方もいたにはいましたが

今日はどう見てもいすぎです。

なんなんでしょう??

今日はバレンタインデー。 贈るのは女子でしょ?

もしや、チョコレートを頂くために、花束を用意しているのか?

そういうもんなんでしょうか? 最近は。

ま、でも みんなうれしそう。 ちょっと照れくさそうに花を買う男子ってのは

いいもんですな。

わたしは、ヒヤシンスの球根をプレゼント用に1個買ってホームへ。



駅に着くと、一面の銀世界! 

おー いいぞ いいぞー

冬はこうでなくっちゃね。


で、こんな雪の日と台風の日は、それを肴に酒を飲むと決まっているので

旦那の仕事が終わるのを待って、近くの居酒屋へ。

熱燗うまし。(これでひれ酒なんてあれば最高なんだけど・・・)



東京でも、こんな日が 一冬に 5日くらいは欲しいもんです。
[PR]
# by mosuke-anet | 2011-02-15 12:58

ハズレみかん




沢村貞子の「私の浅草」(暮らしの手帖社)を読んだ。


そのなかに「あたりみかん」というエッセイがあった。

ぶつかるなどして、ちょっと傷みかけたみかんを

「あたりみかん」といって、安くうるのだそうだ。

腐れみかんではなく、「あたりみかん」。

売るほうには蔑みはなく、買うほうにも卑屈さなどなかった

とある。

その当時の浅草の生き生きとした生活、そして人情と気風。

とても面白い一冊です。



「あたりみかん」を読んで、ふと思い出した。




昔は、みかんといえば箱で買うものでした。

炬燵の上においた籠のみかんがなくなると、外の物置から取ってきて補充する。

あたたかい炬燵から出たくなくて、兄と私で、「お前が行け」

「お兄ちゃん行けば」などと言い合って、結局、根負けしたほうが取りに行くのだった。

外からやってきたみかんは、冷えていてとってもおいしかったなぁ~。


最近みかんを食べていて、おや? と思うことがあった。


 「ハズレみかんが無い」


昔は、ある一定の割合で、酸っかい(酸っぱい)みかんがあったものだ。

わたしは、そんなみかんを目ざとく識別して手に取らないが、

母はやたらと「ハズレみかん」をとってしまう。

それを見て、「お母さん、ヘタだな~。 そりゃハズレだよー」と、

得意げに言っていた。



子供に、甘いみかんを食べさせたくて、わざとハズレを選って

食べていたんだなぁ・・・。





姜尚中(かん・さんじゅん)著 「母(オモニ)」(集英社)  こちらもおすすめです。
e0200453_14392424.jpg


沢村貞子(さわむらさだこ)著「私の浅草」(暮らしの手帖社)
e0200453_14404487.jpg

[PR]
# by mosuke-anet | 2011-02-08 14:42