テレビ会議のエイネット株式会社のスタッフ モスケのプログです


by mosuke-anet

<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ともかおすたんぷ





『ともかおスタンプ』


小学校2年生の女子に贈るクリスマスプレゼント、何がいいですかね?

と、たずねたたら帰ってきた答えがコレ。


今年のクリスマスは、旦那の美人姉妹家族と飲み会となり、

姪っ子に何かプレゼントをと、私にしては気の利いたことを

思いついたものの、何がいいのかまったく思い浮ばず

会社で同じ年頃のお嬢さんのパパに助けを請うたというわけ。


飲み会当日、仕事のあるだんなより一足早く出かけて、

デパートへと向かいました。

おもちゃ売り場に行って、びっくし!

「リカちゃん人形の類がまるでない!」


わたしのころは、おもちゃといえば「リカちゃん人形」で、

何かプレゼントのチャンスがある毎に、コレクションを増やしていったものでした。

大学生の頃に、地元のデパートのおもちゃ売り場でバイトしたときは、

たしかエポック社のシルバーファミリーという、ウサギだかがリスだったかの

人形が大人気だった。

けれど、いまそんなものは全く見当たらない。 うーん。時代は変ったのだねー。


気を取り直して、売り場のおねいさんに、「ともかおスタンプがほしいんですけど」というと

たいへんすまなそうに、「ともかおスタンプは、売り場での取り扱いがないんです~」

ええーーーっ! そんな!

「ともかおスタンプ」がない! そんな、なかった時のことなんてまったく考えていなかったよー。

プランBに変更しようにも、まったく選択肢が浮かばない!


「ホット」と、コーヒーを頼んでるおっさんが、何を間違えたかスタバに来ちゃったような

状態になってしまった。

何をどう注文して良いのかわからない。 ラテってなに? トールってなに? 状態です。



すがるような思いで、「売り場案内。お買いもの相談」と書かれたボックスにおばちゃんに、

「あの~ 小学校2年生の女子向けのクリスマスプレゼントを探しているんですけど・・・」

と、お買い物相談したら、向こうのほうを指差して「あのあたりに、鉛筆とかクレヨンとかあります」

と、びっくりするようなお告げをされるし・・・。


トホホとおもいながら、現場百回(なんのこっちゃ)、またもとのおもちゃ売り場に戻り、

「ともかおスタンプ」と同じ系列の商品を物色。

そうしたら、こんなものを発見! 

マカロンやクッキーのチャームが作れるキット。

楽しそーではないですか! えいや!とコレに決定!



包みをあけて、満面の笑顔を見せてくれたときは、ホッとしましたー!

これで、心置きなく呑めるぞと安堵しました。



N畑パパさま、よいアドバイスをありがとうございました!

おかげさまで、終電ぎりぎりまで、うまい酒をしこたま飲めましたー♪
[PR]
by mosuke-anet | 2010-12-28 12:49

自炊



ソニーの「Reader」と、シャープの「GALAPAGOS

電子書籍リーダー時代が、いよいよ日本にも来るのでしょうか。

先日、死ぬ思いをして大量の雑誌を捨てた私としては、興味津々。


やはり、みなさんが言っている通り、電子書籍としてどれだけ

提供できる書籍数を増やせるかが鍵のようですね。


印刷した本が売れなくなるのではと危惧する声もあるようですが

買う側は、電子書籍でいいものと、やはり「本」で読みたいものとを

ちゃんと区別していると思う。 ですから、がんがん電子書籍化を

進めて欲しい。


まだまだ、電子書籍の数が少ない今。 自分でデータ化することを

「自炊」と言うらしいですね。

裁断機とスキャナーが売れているらしいです。


ちょっとそそられるのですが、早いとこすべての書籍がダウンロードで

読めるようになって欲しいもんです。



電子書籍「自炊」完全マニュアル
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1006/09/news029.html
[PR]
by mosuke-anet | 2010-12-22 12:56

死ぬかと思った



海老蔵ではありません。



皆様のおうちでは、「大掃除」は着々と進んでますか?

「断捨離」がブームのようですが、もすけは、なかなかものが捨てられません。

なかでも、「本」は、とくに捨てられません。

まあ、そんなに愛着もなく、もう読みかえさないものであれば、

ブックオフに売ってしまいます。

まとまった冊数があれば、引取りに来てくれるのでたいへんありがたい。


しかし雑誌となると引き取り手がないので困ります。

創刊号から愛読している「和楽」。

とても美しい写真がたっぷりとはいって、お金のかかっている本です。

とてもきれいなのでとっておきたいのですが、場所をとるしとても重い!

重いので、ほっくり返して読み返してみようとは、よっぽどのことがない限りしない。

しないのであれば、捨ててしまえ! と自分に言い聞かせて、先日の日曜日に

決行しました。

重いので6冊くらいずつ紐で括っていくのですが、ついつい読みふけって先に進まない。

だが、やっとのことで終了。

下のごみ集積所へ運びます。


ここで登場するのが、台車界の「ロールスロイス」とも言える旦那の台車。

台車にありがちな「ガラガラガラ」という音がしない静音設計。まさにファントム!

耐荷重量は150Kg!

バンバン積み込んで、いざ出発!

エレベータで降りて、いつもの階段を避けて、スロープへと向かいます。

いつもは何も感じないそのスロープ。 なんとなく一抹の不安を覚え、後ろ向きに

降りていく。

もうみなさんお気づきですね。 そう、タイヘンなことになってしまいました。

あまりの重量に制御不能になってしまいました。 プチパニックです。

と、とりあえず、ブレーキかけよう と、ブレーキをかける。

さすがロールスロイス。 ブレーキがついているのです。


落ち着け、落ち着け、と自分に言い聞かす。

でも後ろ向きに降りようと判断した自分をほめてあげたい!

そのまま行ったら、重量にこらえられずそのまま台車が道路に突っ込み

婆さんを爆撃していたかもしれない。それこそまさにファントム!



ちょっと落ち着いてきました。この重量を、スロープの上に引き戻すのはちょっと

厳しい。でも、ここで荷物を降ろすのも悔しい。

そこで、体重をおもいっきり台車にかけて、ちょっとずつ降りる作戦にでてみる。

もう45度くらいに体を傾けて降りる。 いけるいける^^ 

いやー こんなに自分の体重をありがたいと思ったことはありません。

タイヘンな思いをしてやっと完了。



いやー死ぬかと思った・・。
[PR]
by mosuke-anet | 2010-12-21 13:01



『私のからだはワインでできてるの』


で、お馴染みの川島なお美さま。

彼女から、「ものは言いよう、考えようだな」と思わされました。



詳細はうろ覚えだが、大体こんな内容。

『女性の年齢は、ダイヤモンドのカラットと同じよ』

『女はどんどん磨かれてきれいになっていくの』

『あなたおいくつ?』

『あら、まだまだ小粒なダイヤモンドね』

『ほほほ』と、笑ったかどうかはわからないが、こんなやり取りがあったそうな。


たしかに年齢をカラット表現すれば、数字は大きいほうが価値があるわけですナ。

なお美さまもそうとうなもんでしょう。


ちなみに、現在 世界第1位のカラット数を誇るダイヤは
『ゴールデン・ジュビリー(The Golden Jubilee)』で、545.67カラットだそうです。

これに比べると、なお美さまも、まだまだ小粒なダイヤモンドのようです。


ものは言いよう、考えよう。

今日からわたくし、体重はkgではなく、カラットとさせていただきます。ほほほ。
[PR]
by mosuke-anet | 2010-12-17 12:58

「國語元年」


なんかシンクロしているみたいです。

最近、「井上ひさし」モードになっていたところに、

NHKの再放送が!


「國語元年」
e0200453_12584490.jpg



1985年にNHKの「ドラマ人間模様」枠で放送されたテレビドラマです。

これは非常に面白く、いまだに記憶に残っています。

時は明治初期。 全国統一の話し言葉の制定を命じられた
文部省の官吏・南郷清之輔(川谷拓三)。

この家には、下働きから書生、舅まで、日本全国の方言があふれかえっている

奥方(ちあきなおみ)の薩摩弁。
もと旗本の奥様だが、零落し今は女中頭(山岡久乃)の江戸山の手言葉
女中(賀原 夏子)の、威勢のいい江戸下町言葉
山形から行儀見習いに来た女中(石田えり)の山形弁

もと会津藩武士の佐藤慶の東北弁はホントすばらしい!!

そして、石田えりの初々しさったら!

山岡久乃の「伊達六十二万五千六百八十八石三斗五升一掴み」のせりふは

今も記憶に残っている!

贅沢な俳優陣と脚本の良さが光るドラマです。


ぜひ、ご覧になってくださいまし。

--------------------------
「國語元年」(全5回)
BS2で12月27日(月) (26日深夜) 午前0時20分から5本連続
--------------------------
[PR]
by mosuke-anet | 2010-12-15 13:00

I Love Rummy



今年も無事に会えたね~

愛しのRummyちゃん♪
e0200453_1325953.jpg


このロッテの『Rummy(ラミー)』。わたしが子供頃からずーっとある息の長い商品です。

でも、あまり買っている人、食べている人を見かけることが無く、

「そのうち廃盤になるのではないか」と、毎年心を痛めているのでした。

が、今年もちゃんと登場してくれました。

Rummyといえば、相棒の『Bacchus(バッカス)』君。 こちらも今年も健在です。

でも、モスケはRummy一筋!

アルコールが結構効いているの(パッケージにはアルコール分3.7%とある)で、

お子様にはどうかと思うが、小さい頃からいけるクチだったのと、

その当時は、おおらかだったため(ウチだけか?)、この時期には「ラミーッ!「ラミーッ!」であった

おおらかとはいえ、そんなにいっぱいは食べさせてもらえなかったので

『早く大人になって、好きなだけ食べたい』と思ってたように記憶している。

じゅうぶん大人になった今、大人買いして冷蔵庫にキープしています。
[PR]
by mosuke-anet | 2010-12-14 13:04

アチャール


アチャール

ご存知ですか?

インドカレー屋さんなどで、カレーと一緒に出てくる

玉ねぎの辛いピクルスみたいなもです。(玉ねぎ以外にもいろいろあるみたいですが)



もすけは、これが好きで、「あーもっと食べたい・・・」と

常々思っていました。

でも、薬味皿にあるだけ全部とってしまうのも気が引けるっていうのに

さらにお代わりなんかできないでいた。



最近コレを『アチャール』ということを知った。

近所のバーが、ランチを再開するとのことで

その宣伝チラシをもらったのですが、そこにはなんと

『自家製アチャールつき』と書いてあるではありませんか。

あー、アレかー! アチャールっていうんだ!

と知ったというわけ。


そして、『自家製』の文字に、およ!自分でも作れるんじゃない?と

とっくに気づいてもよさそうなことに、ハタと気づいたという


で、ググッてみたらレシピがありました。


材料も家にあるもので作れるではないか!

早速作りました。

コレです。
e0200453_1311723.jpg




めちゃ、うまです。 そして好きなだけモリモリ食べられます。

カレーの薬味ではなく、もう、おかず、酒のアテに わしわし食べてます。


では、簡単に作り方:

材料
 たまねぎ・・・1個(250~300g) 繊維にそってスライス(1cm幅くらい)
 しょうが・・・20g みじん切り 皮はむかずにスプーンなどで軽くこそげる程度が良いと思います
 ピーマン・・・1個 スライスします
 トマト・・・・1/2個 ダイス状に切ります

 塩・・・・・・・・10g けっこう多めですよね、今回はちょっと少なめにしました
 レモンジュース・・・100cc ここはぜひポッカではなく絞ってください。爽やかさがちがいます!(きっと)
 チリパウダー・・・10g けっこうな量です。加減してください(最初は少な目から)

 野菜を切ってボウルに入れます。そこに調味料を全部入れてまぜる。あとは、半日から1日漬け込むだけ

 なんて簡単!


 玉ねぎは、私のようにカレーの薬味ではなくおかずとして、
 お箸で食べるのなら、縦半分に切って、あとは1cm幅に切るほうが
 いいと思いますが、カレーの薬味としてスプーンでいただくなら、
 縦半分に切った後横半分に切ってからスライスしたほうが
 良いかもしれないと、箸でわしわし食べながら思いました。

 ぜひお試しを!

 チリパウダーさえあれば、冷蔵庫の残りもので作れちゃいます!
e0200453_1334571.jpg


[PR]
by mosuke-anet | 2010-12-08 13:04

いくつ?




このところ、井上ひさしモードになっています。

その中の、『にほん語観察ノート』(中央文庫)
e0200453_1375862.jpg



日本語にまつわるエッセイまとめた一冊です。

その中からちょっと抜粋です。


①:チャンピオン
②:祝日
③:爆発
④:ライン
⑤:さつま芋
⑥:毒ガス
⑦:枝豆
⑧:過ごす
⑨:朝風呂
⑩:そもそも
⑪:見極める
⑫:香ばしい
⑬:本題
⑭:エンゲル係数
⑮:泊り込む
⑯:預け入れる
⑰:言い直す
⑱:たしなみ
⑲:英文字
⑳:はまり役
21:ごろ合わせ
22:労力
23:忍ばせる
24:勃発
25:宿無し
26:目白押し
27:請負い
28:塗り箸
29:気丈さ
30:茶番
31:大腿骨
32:術中
33:泌尿器
34:血税
35:悶着
36:腰元
37:裾模様
38:旗竿
39:かんじき
40:すっこむ
41:迂曲
42:告諭
43:辻番
44:ライニング
45:輪タク
46:懸軍
47:陣鐘
48:泥濘
49:釜がえり
50:頑冥不霊


どこまで、意味がわかりましたか?

これは、NTTコミュニケーション科学基礎研究所作成の「語彙数推定50問」
だそうです。


⑮までの言葉を知っているなら推定語彙数は1万3千語だそうです。以下、
⑳:1万8千語
25:2万3千語
30:3万語
35:3万9千語
40:5万語
45:6万語
最後の50まで分かると、7万語!だそうな。

井上ひさし氏は、「46:懸軍」がわからなかったと書いてあります。

みなさんはいかがです?

もすけは、「44:ライニング」がわからず。6万語に届かず!


NTTコミュニケーション科学基礎研究。 他にどんなことやっているのか

興味がわきました。

コミュニケーション手段の一つ、テレビ会議のヒントになるものが

あるかも! ^^;
[PR]
by mosuke-anet | 2010-12-07 13:10

クリアな音質です



テレビ会議システム『FreshVoice』の評価作業


ちょこっと一息ついて、おやつです。

カッパクッキー。 サクサクでウマ!
e0200453_12495872.jpg




ボリボリ、サクサク いい音で再生できてます。

さすが、FreshVoice!^^
[PR]
by mosuke-anet | 2010-12-06 12:51

じっと見る



いつものごとく 中央線は途中から暖房が切られる。

せめて女性専用車両ぐらい ずっとつけていてくれればいいものを

どこかの駅で(爆睡しているのでわからない)切られてしまう。

冷え性のわたくしは、膝下がしんしんと冷え込んでしまう。


『う~ さぶさぶ~』と寄ったコンビで、思わず手に取ったスープ。

『これで、はやくほっこりしよー♪』

自席について、よく見るとこんなシールが


e0200453_1751509.jpg



ほっこりするところが しんみりしちゃったヨ
[PR]
by mosuke-anet | 2010-12-01 17:52