テレビ会議のエイネット株式会社のスタッフ モスケのプログです


by mosuke-anet

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

iphone対応てぶくろ



春の兆しも見えようかという この時期になって 買っちゃいました

手袋


だって、amazonで30%offのレコメンドが来ちゃったんですー

しかも、この冬バーゲンで買った手袋に穴がいてしまったとこだし

しかもしかも、iphone対応なのだー

e0200453_17531049.jpg



この、親指と人差し指のブルーの部分がiphone対応になっている
e0200453_17542429.jpg



たしかに、ブルーじゃない指には、全く反応しません。

夜はまだまだ冷え込みます。 きっと活躍してくれるでしょう!
[PR]
by mosuke-anet | 2011-02-22 18:00

ホワイトバレンタイン?



こっちは雪いっぱい降ってるよー


の、メールに「わわ、電車止まらないうちに帰ろうー」と

会社を出たものの、「あ!今日はバレンタインデーではないか!」と

思い出し、東京駅のグランスタに。


あまり甘いお菓子などを好んで食べないので、チョコはやめとき

酒屋に寄って、四合ビンの日本酒を買う。


グランスタには、青山フラワーマーケットがあり、会社帰りに重宝している。

ちょこっとのぞくと、レジには結構な列ができていて、しかも男性!

ま、いままでもプレゼント用に花を買う殿方もいたにはいましたが

今日はどう見てもいすぎです。

なんなんでしょう??

今日はバレンタインデー。 贈るのは女子でしょ?

もしや、チョコレートを頂くために、花束を用意しているのか?

そういうもんなんでしょうか? 最近は。

ま、でも みんなうれしそう。 ちょっと照れくさそうに花を買う男子ってのは

いいもんですな。

わたしは、ヒヤシンスの球根をプレゼント用に1個買ってホームへ。



駅に着くと、一面の銀世界! 

おー いいぞ いいぞー

冬はこうでなくっちゃね。


で、こんな雪の日と台風の日は、それを肴に酒を飲むと決まっているので

旦那の仕事が終わるのを待って、近くの居酒屋へ。

熱燗うまし。(これでひれ酒なんてあれば最高なんだけど・・・)



東京でも、こんな日が 一冬に 5日くらいは欲しいもんです。
[PR]
by mosuke-anet | 2011-02-15 12:58

ハズレみかん




沢村貞子の「私の浅草」(暮らしの手帖社)を読んだ。


そのなかに「あたりみかん」というエッセイがあった。

ぶつかるなどして、ちょっと傷みかけたみかんを

「あたりみかん」といって、安くうるのだそうだ。

腐れみかんではなく、「あたりみかん」。

売るほうには蔑みはなく、買うほうにも卑屈さなどなかった

とある。

その当時の浅草の生き生きとした生活、そして人情と気風。

とても面白い一冊です。



「あたりみかん」を読んで、ふと思い出した。




昔は、みかんといえば箱で買うものでした。

炬燵の上においた籠のみかんがなくなると、外の物置から取ってきて補充する。

あたたかい炬燵から出たくなくて、兄と私で、「お前が行け」

「お兄ちゃん行けば」などと言い合って、結局、根負けしたほうが取りに行くのだった。

外からやってきたみかんは、冷えていてとってもおいしかったなぁ~。


最近みかんを食べていて、おや? と思うことがあった。


 「ハズレみかんが無い」


昔は、ある一定の割合で、酸っかい(酸っぱい)みかんがあったものだ。

わたしは、そんなみかんを目ざとく識別して手に取らないが、

母はやたらと「ハズレみかん」をとってしまう。

それを見て、「お母さん、ヘタだな~。 そりゃハズレだよー」と、

得意げに言っていた。



子供に、甘いみかんを食べさせたくて、わざとハズレを選って

食べていたんだなぁ・・・。





姜尚中(かん・さんじゅん)著 「母(オモニ)」(集英社)  こちらもおすすめです。
e0200453_14392424.jpg


沢村貞子(さわむらさだこ)著「私の浅草」(暮らしの手帖社)
e0200453_14404487.jpg

[PR]
by mosuke-anet | 2011-02-08 14:42